専門/企画業務型裁量労働制は?

  • 労働時間の計算を、実労働時間ではなく「みなし時間制」として認める制度である。専門業務(公認会計士、システムコンサルタント等)、及び企画立案等の業務を自律的に行っている労働者が対象となる(第四章第三十八条の三、四より)。