法定休憩は?

  • 労働基準法では、所定労働時間に対して、(最低限)以下の休憩を付与することが義務付けられている(第四章第三十四条より) 。
  1. 6時間以下 ⇒ 付与義務なし
  2. 6時間超え8時間以下 ⇒ 45分
  3. 8時間超 ⇒ 1時間

※休憩の原則として、途中付与の原則、一斉付与の原則等が定められている。